記事一覧

カルティエ×一生もの腕時計4選

名品時計が豊富な「一生物の宝庫」

世代を超えて憧れの的となっているパリの老舗ジュエラー『カルティエ(1847年創業)』。1917年にスクエア時計「タンク」を発表。
曲線美を求める芸術様式、アルーヌーヴォーが主流だった当時、そのモダンなデザインは時計界に革命を起こしました。現在、「女性の高級腕時計ブランド」としてもトップクラスの人気を誇ります。

カルティエ タンク

1917年に誕生した「タンク」シリーズ。丸型フェイスが主流だった当時、直線が際立つ幾何学的なシルエットはとても革新的で、時計史を動かした名品。現在までさまざまなバリエーションが発表されていますが、この「タンク ルイ カルティエ」は、当時のデザインを最もよく引き継いでいると言われるモデル。

ポリッシュされたゴールドのケースに象徴的なローマ数字の文字盤。気品の漂う伝統的なデザインは普遍性にあふれ、何十年先も廃れない魅力を保証する一本。

ミニ ベニュワール ウォッチ

3代目ルイ・カルティエにより、1912年にデザインされた「ベニュワール」。フランス語でバスタブを意味する名の通り、オーバル形が印象的。
細身ストラップとのバランスもよい完璧なフォルムは、やわらかさと強さを併せ持ち、目にするだけで心地よいほど上品。ローマンインデックスとバトン針のみのシンプルな作りながら、フェミニンウォッチの代表格として存在感を放ちます。

バロン ブラン ドゥ カルティエ

レディースウォッチの中で、いちばん新しいコレクション。カルティエの中では比較的珍しいまん丸いフォルムで、ゴールドとダイヤモンドの美しさを体感できるデザイン。女性らしい優しさと凛とした気品を添えてくれる一本。

パンテール ドゥ カルティエ ミニ

名品「パンテール」から生まれた待望のミニモデル。小ぶりなルックスながらも、現代女性の手元にしっくりはまる強さを宿し、何十年先までもエターナルに愛され続ける一本。

関連記事:http://toramasa.top/

エルメスの人気腕時計_エルメス(HERMES)

若い方からオトナの方まで幅広い年代の女性を魅了し続けるエルメスは、パリ発祥のハイブランド(高級ブランド)。

ケリーやバーキンなど「バッグ」というイメージが強いですが、腕時計ブランドとしてのエルメスは「気軽にいいものが楽しめる」という魅力があります。

エルメスクリッパー

 クリッパー(CLIPPER) 

大型帆船の船窓をイメージしたスタッズベゼルが特徴的で、エルメスの中でも特に人気・有名なモデル。ほどよいカジュアル感がありつつ、飽きのこないシンプルで洗練されたデザインが魅力です。

Hウォッチ

 Hウォッチ(H WATCH) 

エルメスを象徴する「H」マークをケースにあしらったドレスウォッチモデル。日常使いからドレッシーまで幅広いシーンにマッチして、着こなしをスタイリッシュに演出します。

アルソー腕時計

 アルソー(ARCEAU) 

エルメスで初めて作られたモデルであり、洗練されつつ控えめな高級感が漂う定番モデル。最高品質の革と時計を結ぶ象徴的な1本。

関連記事:http://enjeldragon.top/
http://upat.jp/member/csv/diary.cgi

オーデマ ピゲ新作レディース腕時計

オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)の腕時計「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン」に、新作レディースウォッチが登場。

精密機械工学の美しさを堪能できる腕時計

スーパーコピー時計
オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン」は、最先端の精密機械工学の機能性と美しさを堪能できるラグジュアリーウォッチ。

新作はそんな複雑なマイクロ工学の美しさと女性的なデザインを融合させたもので、「ロイヤル オーク コンセプト」としては初めて、フィレンツェの伝統的なジュエリー技法である“フロステッドゴールド仕上げ”のケースを取り入れている。

“水紋”のような多重構造ダイヤル

ジュエリーのようにきらきらと輝くケースと組み合わせたのは、幾重にも重なった多重構造のダイヤル。6時位置の“フライングトゥールビヨン”ケージを起点に、4つの円がブルーの陰影を描きながら水紋のように広がっている。円環状の“フライングトゥールビヨン”ケージには、煌めくブリリアントカットダイヤモンドをあしらった。

アリゲーター&“星座モチーフ”ストラップ付き
ベルトには、「大きな竹斑模様」のブルーアリゲーターストラップを採用。スペアとして、フロステッドゴールドケースを連想させる“星座モチーフ”のテキスタイル加工を施したブルーのラバーストラップも付属する。

展開モデルは、K18 ピンクゴールドのケースとK18 ホワイトゴールドのケースの2種類。いずれもムーブメントには、自社製の手巻きキャリバー 2964を搭載しており、ケースバックから見ることのできるムーブメントの円状モチーフは、ダイヤルの模様を想起させる。

なお、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン」とは、ケースとムーブメントが完全に一体化したウォッチライン「ロイヤル オーク コンセプト」の腕時計。洗練されたデザインのウォッチに、時計への重力の影響を均一化させる高度な複雑機構である“フライング トゥールビヨン”を採用している。

関連記事:http://toramasa.top/

ブルガリのスケルトンウォッチ

ブルガリ(BVLGARI)のウォッチコレクション「ルチェア」から、日本限定の「ルチェア スケルトン ブルー」が登場。2020年8月より、数量限定で発売される。

ルチェア スケルトン ブルー 日本限定モデル 980,000円+税〈150ピース限定〉

オープンワークのスケルトン仕様ダイアルを、エレガントなラウンドシェイプで仕上げた「ルチェア スケルトン」。その日本限定モデルとして、上品なブルーでローマの空とモニュメントを表現したウォッチが登場する。

ダイアルには、ブルガリでは初となるブルーのマザー オブ パールを、ダイヤモンドとともにあしらうことで、洗練された表情に。ストラップには、ライトブルーが上品なアリゲーターレザーを使用した。リューズにセッティングしたピンクストーンも、華やかなアクセントを添えている。

フォッシルで人気の腕時計

小物みたいにファッション感覚で使える「1万円台のカジュアルウォッチ」が色々♪
清楚系やフェミニン系にも合わせやすい、上品カジュアルな腕時計が揃っている「フォッシル」。
サラッと着けこなせるから普段腕時計を使わない人にもおすすめです。
ロレックス 偽物
 ジョージア 

「スリムなレザーベルト×小ぶり22mmフェイス」で仕上げたカジュアルウォッチ。
女性の手元にも自然となじんでくれるから誰でも着けこなしやすく、スタイルも選びません。

元々あったボーイッシュな時計を、女性らしく小さいサイズ感でまとめたレディースウォッチ。
華やかなマザーオブパールをフェイスにプラス。
 
 オリジナル ボーイフレンド 

少し大きめのサイズに細いベルトが人気のウォッチ。
大人っぽい品とカジュアルさを備えていて、ハンサムなブルーはタイムレスなピースになってくれます。

カルティエ×大人の人気ジュエリー4選!


普遍的信頼のおけるジュエリーブランド

洗練された大人の着こなしの総仕上げに欠かせないのがジュエリーのきらめき。いくつになっても忘れられないときめきを、カルティエと一緒に。


トリニティ

愛、忠誠、友情、カルティエが生涯の才気を込めた「トリニティ」

20世紀を代表するフランスの芸術家、ジャン・コクトー。詩人でもあり画家でもある彼の感性が、カルティエと深い絆で結ばれていたことはよく知られていますが、そのコクトーが愛したリングとして、今日まで永遠の地位を占めるのがこの「トリニティ」です。
ピンクゴールドは愛情、イエローゴールドは忠誠、ホワイトゴールドは友情の意が込められ、生涯においてかけがえのない輝きを放つであろうと、願いが込められています。


クラッシュ ドゥ カルティエ

優雅でフェミン……、二つの顔を持つ新アイコン

年齢を重ねても、カッコよくありたい人にとって、垂涎の的がカルティエの新コレクション。エターナルで優美でありながら、エッジも利いている。そんな見事に調和のとれたスタイルは感動ものです。永遠のアイコンのニューフェイスになる予感。
〈写真〉ボリューム感、均整美を伴った立体的なフォルム。1930年代から継承されている、カルティエメゾンの幾何学モチーフが反映されたデザインのジュエリーです。ピンクゴールドが映し出すきらめきは優しく、どこかフェミニン。自然体でいることに心地よさを感じたり、リラックスしていてもエレガンスを忘れない女性に輝きを添えます。


パンテール

艶やかで深みがあって…。やっぱり憧れるのは“カルティエのゴールド”。ブランドの象徴「パンテール」
パンテールとはフランス語で豹(パンサー)を意味しカルティエを象徴するエンブレム。強い視線を感じるツァボライトガーネットの瞳を持ち、ダイヤモンドのリングに腕をかけて凛と佇む姿は大人としての余裕を体現しているかのようです。
細やかなカッティングが施されたチェーンは身につけた時に周囲の光を反射してパンテールを引き立てるように輝きます。


カレス ドルキデ パル カルティエ

いずれも“カルティエ”らしい、エレガントな雰囲気を備えたリング&ネックレス。ブランドを象徴する花の女王、蘭(らん)をモチーフにした「カレス ドルキデ パル カルティエ」の繊細なダイヤモンドのあしらいは、まるで芸術品。アニバーサリーリングにもおすすめです。

パテックフィリップ×一生もの腕時計3選


子から孫へと受け継ぐこともできる、揺るぎない世界最高峰の評価
アクティブな女性のライフスタイルに寄り添いつつも、華やかさを感じさせる……。そんなふり幅のあるデザインと機能を兼ね備えた、現代の一生もの時計がそろう『パテック・フィリップ』。
世界三大時計ブランドの中でも群を抜いて最高峰と言われ、複雑な機能や卓越した技能はもちろん随一。その圧倒的な価値やステータス感を生み出す陰の立役者は品質。極めて厳しい品質テスト「ジュネーヴ・シール」を全製品で獲得しているのは同ブランドだけ。

カラトラバ レディース

1932年に誕生したブランドの代表作「カラトラバ」。クラシカルなオフィサータイプのケースに加えて、同色系統一されたクリーム・グレインの文字盤やゴールドのインデックスが知的な女性像を映し出します。

Twenty~4 Automatic

1999年の誕生以来、絶大な人気を博すシンプルで知的なブレスレットウォッチ「Twenty~4」。
普遍的なアラビアンインデックスが文字盤を取り囲む優美なラウンドケース。レースのように繊細な輝きを放つセッティングがされたダイヤモンドベゼル。華やかさと知的なスタイルを両立させた、大人にふさわしい1本。

ノーチラス 腕時計

セレブや芸能人愛用者も多い、“カジュアル・エレガンス”をテーマにした代表作「ノーチラス」は、船の舷窓から発想され1976年に登場した時計。
柔らかな曲線を描く八角形のフォルムが特徴で、このレディースモデルにおいてはダイヤモンドの輝きをまといながらも水辺でのちょっとした使用も可能な、日常生活防水の中でも高めな5気圧防水が果たされています。

ミニマルな「タンク マスト」も新登場


カルティエのDNAともいえる3つのカラー“レッド”/“ブルー”/“グリーン”を採用した、ミニマルな「タンク マスト」も登場。ダイヤルにはローマ数字もレイルウェイもあしらわず、さらにフェイスのカラーとアリゲーターストラップすべてをワンカラーに統一している。
映画 時計
高耐久性の最新ソーラーダイヤルも採用

今回の「タンク マスト」では、長寿命クォーツモデルと自動巻き以外に、カルティエが開発した「ソーラービート」ムーブメント搭載の最新式ソーラーダイヤルも採用している。ローマ数字に開けられた目には見えない穴から、ダイヤルの下に隠した光電池にソーラーエネルギーを届けるこの最新技術によって、電池寿命約16年を誇るムーブメントを実現した。

ブルー&レッドのアンティーク調デザイン「タンク ルイ カルティエ」

「タンク ルイ カルティエ」の新作も時を同じくして登場。1922年、ルイ・カルティエが「タンク」ウォッチのデザインを刷新したことで生まれた代表作のひとつである「タンク ルイ カルティエ」を刷新した今回のモデルは、深みのあるブルーとレッドのカラーで展開される。ローマ数字やゴールドカラーのレイルウェイトラックなど洗練されたディテールが加えられ、アンティーク調の装いとなった。

なお、時計の心臓部には「キャリバー 1917 MC」手巻きムーブメント マニュファクチュールが搭載されている。

ダニエル ウェリントンの新作腕時計

ダニエル ウェリントン(Daniel Wellington)から新作腕時計「クアドロ(Quadro)」が登場。2021年5月18日(火)より、ダニエル ウェリントン直営店などで発売される。

ダニエル ウェリントン初のスクエア腕時計「クアドロ」

洗練された長方形のケースが目を引く「クアドロ」は、ダニエル ウェリントンとしては初となるスクエアタイプの腕時計。ローズゴールドメッキ、またはシルバー仕上げを施したステンレススティール製ケースに、ホワイト、ブラック、もしくはグリーンのパターン入り文字盤を組み合わせたタイムレスな新作モデルだ。

ストラップはプレス加工のメッシュまたはレザーの2種類で展開。前者はテクスチャーを付与することで生まれる布地のような光沢、後者はプレス加工によるエッジの効いたスリムなシルエットが特徴だ。ダニエル ウェリントンらしいミニマルな世界観はそのままに、ブランドの新たな側面が楽しめる一本に仕上がっている。

ブルガリ新作「フィオレヴァー」

ブルガリ(BVLGARI)の新作ジュエリーコレクション「フィオレヴァー(FIOREVER)」が、2019年12月に登場する。


カルティエ ブレスレット コピー
永遠の都・ローマの輝きを讃えて、花を意味するイタリア語“フィオーレ(fiore)”と英語の“フォーエヴァー(forever)”を組み合わせた「フィオレヴァー」。その中心となるモチーフは、メゾンの象徴でもある“花”だ。古代都市・ポンペイのフレスコ画を飾る花を着想源に、輝きを放つダイヤモンドだけを使い、魅惑的な“ダイヤモンドの花弁”として再解釈した。

ラインナップは9種類。ネックレスやイヤリング、ブレスレットには、“ダイヤモンドフラワー”を贅沢に重ね、揺らめく花弁が上品できらびやかなムードを漂わせる。また、一連のネックレスにはボリューム感のある花弁をあしらい、存在感のあるジュエリーに仕上げている。

ピンクゴールドのネックレスには、ダイヤモンドのきらめくロングチェーンに花を重ねたジュエリーをあしらった。イヤリングも、チェーンの先には花弁のモチーフが揺らめき、華やかな雰囲気を演出してくれる。

人気のカードケース_グッチ


高級感がある大人のカードケースが色々♪。グッチはイタリアを代表する高級ファッションブランドです。

 【1位】マイクログッチ シマレザー  

グッチのモノグラムが型押しされたエレガントなカードケース。
オシャレに持てるラウンドファスナータイプです♪

 【2位】クロコダイル 

高級なクロコダイルレザーも、イエローなら大人可愛い感じに。
オシャレなブルーや、カッコいいブラックなど、カラバリも豊富です♪

 【3位】ミニカードケース 

シンプル派な方にピッタリなミニカードケースです。

KITHのオリジナル柄を配したスリッポン

KITH(キス)は、VANS(ヴァンズ)のファッションライン「Vans Vault(ヴァンズ ボルト)」とコラボレーションしたスニーカー「スリッポン LX(Slip-On LX)」のカプセルコレクションを、2021年5月24日(月)に発売。事前の入店抽選受付は5月23日(日)10:00まで。

KITHのブランド10周年を記念して、Vans Vaultと再びタッグを組む。「OG クラシック スリッポン(OG Classic Slip-On)」をベースに、10年間にわたってKITHが生み出してきたプリントやグラフィックを振り返り、KITHオリジナルの柄を配した10種類の「スリッポン LX」を展開する。メンズ・ウィメンズサイズを用意する他、キッズサイズも5種類販売される。

キャンバス地のアッパーには、花柄やペイズリー、幾何学模様、ユニコーンを描いた空の模様、マウンテンモチーフなど、ユニークなオリジナル柄を全面にオン。優しい色彩を用いた、アートのような佇まいが魅力だ。それぞれのスニーカーは、シューズのプリントと同じ柄を施したカスタムボックスに入れて販売される。

また、左右の靴のフラッグラベルの裏側には、ブランドロゴをアシンメトリーに配置。右足には、KITHの「I」を「X」に置き換えたKITHの“10周年記念ロゴ”が、左足には「Since 2011」があしらわれている。さらに、フットベッドにも10周年記念ロゴ「KXTH」をプリントした。

ボックスバッグ


「ボックスバッグ」は、側面に、パネルを合わせる機能を併せ持つダブルフェイスのスタッズを配したインパクトのあるビジュアル。バッグ背面には、オーバーサイズのヴァレンティノ ガラヴァーニのロゴを配置したモデルも。ラインナップは、バッグ全体にスタッズを施したデザインに加え、縁にのみスタッズを配したプレーンなタイプやアニマル柄を展開する。

〈ルイ・ヴィトン〉腕時計「タンブール ストリート ダイバー」


ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)は、腕時計「タンブール ストリート ダイバー」を発売。アイコンウォッチ「タンブール」を象徴する“ドラム(太鼓)”から着想したユニークなフォルムを踏襲しつつ、ダイバーズウォッチらしいスポーティーなデザイン&機能を採用。ダイビングに欠かせない100m防水性能や、ねじ込み式リューズ、スーパールミノバ加工のダイヤル、サファイアガラスの下の回転ベゼル上に配したダイビングスケールを備え、イエロー、ブルーなどのブライトな差し色でアクティブな表情に仕上げている。

Vacheron Constantin

上質なのに手頃なプライス「アクティブ レザー バッグ」


クローンでは、リニューアルした新作ユニセックスバッグ「アクティブ レザー バッグ(ACTIVE LEATHER BAG)」も発売。

「アクティブ レザー バッグ」は、最高級革を使用しながら、手頃なプライスを実現したバッグシリーズ。“ころん”とコンパクトなシルエットにさり気なく型押しロゴを施し、デイリーユースしやすいデザインに仕上げている。背面にはスマートフォンの収納に便利なポケットが配置されており、実用性も抜群だ。

カルティエの“鐘型”ウォッチ「クロシュ ドゥ カルティエ」卓上で“クロック”にもなる腕時計

カルティエ(Cartier)の「カルティエ プリヴェ」コレクションより新作腕時計「クロシュ ドゥ カルティエ」が登場。

伝統のタイムピースに焦点をあてる「カルティエ プリヴェ」コレクション

「カルティエ プリヴェ」コレクションは、メゾンの伝統のタイムピースに焦点を当てるウォッチコレクション。時計は個別番号入りの限定品として生産されるもので、時計愛好家たちからも注目を集める。

1920年に誕生した「クロシュ」にフィーチャー


フランス語で“鐘”を意味するクロシュの名の通り、水平に置くと卓上ベルを思わせるフォルムを特徴とする「クロシュ」。その歴史は1920年にまで遡る。ダイヤモンドとオニキスのウォッチブローチとして初めて登場し、その翌年には同じ名でブレスレットウォッチも発表した。1920年から1970年までに発表された複数のモデルは、現在「カルティエ コレクション」に収蔵されている。

卓上に置けば“クロック”にもなる鐘型ウォッチ

誕生から約100年の時を超えて登場する今回の「クロシュ ドゥ カルティエ」は、これまでの「カルティエ プリヴェ」コレクションの中でも類を見ない、独創的なデザインとなっている。レイルウェイミニッツトラックとインデックスの数字は、ダイアルのアシンメトリーなフォルムに調和するように配置され、まるで鐘の持ち手のように配されたリューズは、サファイヤ、ルビーまたはダイヤモンドのカボションがセッティングされている。

通常のダイヤルの向きとは異なり、12時位置が従来の3時位置にあるのも特徴的だ。水平面を下にして卓上に置けば“クロック”としても機能する。

クラシックとスケルトンの2種類を展開

デザインは、クラシックとスケルトンの2種類を用意。クラシックな「クロシュ ドゥ カルティエ」はケースにピンクゴールド、イエローゴールド、プラチナを採用。サテン仕上げの背景、ポリッシュ仕上げのバネ棒や側面などオリジナルモデルを忠実に再現した。

一方、全面的にオープンワークを施したダイヤルのスケルトンモデルも3種を用意。精巧にカッティングされたローマ数字の下に眺めることができる“カルティエ マニュファクチュール 9626 MC ムーブメント”を搭載している。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ